またずれが痛いなら専用クリームが1番効果的

またずれが痛くて、母親に相談したら「ベビーパウダーとオロナイン」を勧められたんです。

 

でもベビーパウダーは汗をかくとすぐに流れちゃうし、オロナインも痛みの防止にはなりませんでした…(後で詳しく書きますが、オロナインは黒ずみの原因になるので注意が必要です。)

 

 

で、色々試行錯誤しているうちに辿り着いたのが『キズパワーパッド&ガードル』(笑)

 

キズパワーパッド&ガードル キズパワーパッド&ガードル

 

 

少し前まで、「傷は乾かした方が治りが早い」というのが定説だったんですが、最新の医療では傷も保湿した方がキレイに早く治るというのが常識。

 

で、キズパワーパッドに辿り着いたのですが、これが結構、歩きづらい(>_<)

 

 

それで「もっと良い方法はないか?」って調べてた時に薬用のまたずれ専用クリームがあることを知り、さっそく試してみたら大正解!

 

塗ると太ももがサラサラになって違和感がないし、炎症を抑えてくれる効果もあるからヒリヒリも治まります。

 

 

資生堂の高級化粧品なんかでも使われる美白成分“トラネキサム酸”が入ってて、またずれを繰り返して黒ずんで来てしまってる肌にも有効だからかなり優秀なアイテム。

 

傷になってしまってるならキズパワーパッドで我慢するしかないけど、予防や絆創膏を避けたい時には間違いなくオススメです。

 

⇒ 私が使ってる、またずれ専用クリーム

 

 

 

 

またずれが痛い時の対処法として、原因と防止策を知っておこう!

 

またずれの原因は、皮膚と皮膚が摩擦によって炎症を起こすことで、ひどい場合にはただれてしまったり、激しい痛みをともないます。

 

その他に、ズボンの太股の内側がすり切れて、穴が開いてしまうことも・・・

 

特に下半身が太い人は、太股が太く一歩歩くごとに太股がこすれて摩擦が起きてしまうので、1日中出歩く仕事をしているような方がまたずれを防止するのは、かなり難易度の高いミッションと言えるでしょう。

 

またずれ痛い原因

 

 

また、太股の内側は、湿気がたまりやすいので、摩擦が大きくなりズボンの繊維がダメージを受けやすい状態になっています。

 

穴が開くと、そのまま皮膚へのダメージに繋がりますし、せっかくの洋服がダメになってしまいますから、またずれになりやすい人は衣服のケアにも気を配ってあげた方が良いです。

 

 

またずれは痩せればならない?

 

またずれが痛い時の対処法や防止策として、ダイエットは有効です。

 

またずれの原因は、太ももの脂肪ですから、脂肪燃焼につながる有酸素運動は必須です。

 

 

ただ、歩くのが痛いと運動すら出来ませんから、自転車でのエクササイズがおすすめです。

 

歩くよりも消費カロリーは高く、サドルに浅くまたがれば太ももが擦れないように有酸素運動ができます。

 

またずれダイエット

 

 

内股は筋肉がつきにくい上に、脂肪がつきやすい部分ですが、筋肉の比重が多いので筋トレを少ししただけで引き締まる効果は得やすいです。

 

最初は大変かもしれませんが、またずれの痛みを根本的に解決する為に、筋トレも取り入れてみるとよいでしょう。

 

 

簡単!内腿の筋トレエクササイズ♪

 

簡単な筋トレでの対処法としては

 

  1. 体育座りで座り、膝にボールを挟みます。
  2. 3秒かけてぎゅーっと膝でつぶして、3秒かけてゆっくりと戻します。

 

 

 

この動きを、1セット10回、1日3セット行うだけで、内股の筋肉を鍛えることができます。

 

ボールがない場合は、タオルやクッションで代用してみて下さい^^

 

 

またずれの痛みを和らげ、再発を防止するにはどうすれば?

 

皮膚が赤くなったり、かゆくなるなど、まだ軽い症状の場合には、ベビーパウダーやワセリンを塗って対処することができます。

 

ただ、悪化して水膨れや皮がめくれる、歩くと激痛を伴うなど、重症化してしまった場合には、皮膚科を受診しステロイド薬などを処方してもらうとよいでしょう。

 

 

ステロイドの副作用が心配だという人もいるかもしれませんが、短期間しか使用しない場合には副作用はそれほど心配する必要もありませんし、即効性もあるので、痛い股ずれを解消させるには有効です。

 

再発を防止するには、股ずれ防止のパンツやスパッツを履いたり、内股を鍛えて擦れないようにダイエットするなど、対策をとることが大事です。

 

 

「皮膚科に行く時間がない!いますぐ出来る対処方法を!!」という事なら、ラップを使ったすり傷の応急処置がオススメです。

 

↓この動画で分かりやすく解説されてるので参考にしてみて下さい。

 

 

またずれが痛い時に効く、治療薬や市販薬について

 

またずれは、体型や歩き方でなりやすい人とそうでない人とに分かれる症状で、ズボンの生地が内股の部分だけ毛羽だったり、薄くなっていると感じたら、それはまたずれのサインかもしれません。

 

またずれは、経験した人にしかわからない痛みで、重症化すると、歩くのも困難なほど激痛をともないます。

 

 

濡れると滑るイメージがあるので意外かもしれませんが、またずれは汗を大量にかくなどして、皮膚が湿った状態になったときの方が起こりやすいです。

 

一度またずれが起こると、皮膚が火傷のように痛み、赤く腫れたり皮がめくれてしまい、繰り返して起こると色素沈着をおこして、内股の部分が黒ずんでしまう事もあります。

 

また、汗や汚れに含まれる雑菌に感染すると、皮膚に炎症が起こる場合もあるので、しっかり市販薬などで対処していきましょう!

 

 

オロナイン

 

冒頭でも登場しましたが、またずれのような皮膚の炎症にオロナインが効果的だと思っている人は少なくないでしょう。

 

オロナインは、切り傷や擦り傷を消毒して化膿を防いでくれる効果があります。

 

またずれオロナイン

 

 

しかし、あくまで“殺菌”ですので、またずれの状態が酷く、ただれてしまっている時などは逆に悪化してしまう可能性があるので塗らない方が安全です。

 

万能薬で知られるオロナインですが、“薬”なので少なからず副作用もあり、『薬物性皮膚炎』を発症してしまったケースもあります。

 

 

注意書きにあるように、5~6日使っても改善が見られないようであれば、それ以上の効果は見込めないので使用を中止して下さい。

 

またオロナインに含まれる“クロルヘキシジン”という成分が傷の治りを遅くしてしまい、「内股が黒ずんでしまった」という報告もあるので、気になる人は使用を控えた方が良いでしょう。

 

 

ベビーパウダー

 

痛い股ずれを予防するには、ベビーパウダーを塗るのも効果があります。

 

パウダーには汗のかき過ぎを抑える働きがありますから、塗った箇所の肌から湿り気をとってくれます。

 

 

一日中外出するような時には、数時間おきにパウダーを塗ると、肌表面がなめらかになり摩擦を軽減することができるので便利です。

 

しかし、私も実際に試して感じたのですが、パウダーを外出中に塗り直すのは非常に困難です^^;

 

 

服にも付いてしまうし、またずれ予防としては現実的ではありません。

 

 

ステロイド系の治療薬

 

股ずれが痛い場合には、パウダーを塗ったりすることも効果がありますが、重症化して化膿したような場合には、皮膚科で処方されるステロイド治療薬が効果的です。

 

皮膚科では、リンデロンという薬を処方されることが多く、病院からもらったものだから安心と何も考えずに使う人も多いかもしれません。

 

またずれリンデロン

 

 

リンデロンには、リンデロンA、V、VG、DPの4種類あり、股ずれには基本的にリンデロンVがよく使われます。

 

このリンデロンVは、皮膚炎などに使用されることが多く、手足などの皮膚が薄い部分に使用される薬です。

 

 

同じステロイド系の治療薬でも強さが何段階かあるので、普段から肌が弱く敏感肌の傾向があるなら最初から担当の医師に申告しておいた方が良いでしょう。

 

弱めのステロイド剤に変更するか、ステロイドじゃない薬を処方してくれるはずです。

 

 

その分、効果も弱まってしまいますが、皮膚炎が悪化したら元も子もないので、運動を交えながらじっくり治していくようにしましょう^^

 

 

またずれ応急処置に防止パンツ!痛みを即効和らげるにはコレ

 

またずれを予防するには、サイズのあった下着やズボンを着用することが大事です。皮膚と生地が擦れなくなるので、予防することができます。

 

ぶかぶかだと皮膚と生地が擦れやすくなってしまい、またずれを引き起こしてしまうので、足にしっかりとフィットするサイズのあった、下着やズボンを着用するようにしましょう。

 

 

太股に密着して、フィットするスパッツや、またずれ用のペチコート、ガーターを履くことも効果的です。

 

太股同士のこすれを軽減することができ、男性の場合は、ズボンの下に履けば周囲から気づかれることもありませんし、女性なら、タイツやストッキングで対策することができます。

 

 

またずれ防止パンツ、スパッツはいくらで買える?

 

最近では、またずれ防止のスパッツなども2,000円以下の手ごろな料金で販売されています。

 

↓ぽっちゃり女子に人気の、またずれ防止用の3分丈ガードル
またずれ防止ガードル

 

 

包み込むような優しいフィット感で内股の部分に裏当てがされているため、摩擦による刺激を緩和することができます。

 

フィット性の高いスパッツでも、なめらかな生地でない場合には、摩擦でずり上がることもあるので、素材選びも大切なポイントです。

 

 

またずれ防止パンツはあくまで応急処置!

 

痛い股ずれは、スパッツなどで予防することができますが、痛みの解決にはなりません。

 

一度痛い皮膚炎になってしまった場合には、キズパワーパッドで保護したり、ステロイドなどの薬を塗って症状を治すことが大切です。

 

またずれ治す

 

 

股ずれの症状がひどい場合は、水膨れが破れたり、擦り傷のように血が出てしまうような、ひどい症状を引き起こすことがあります。

 

傷口や炎症に砂などが付着して、傷口にバイ菌が入ってしまった場合は、感染症を起こす可能性もあるので対策が必要です。

 

 

「バイ菌を退治するには消毒液が有効」と考えがちですが、消毒液を使うと炎症が治りにくくなってしまいます。

 

そもそも人体は傷や炎症を起こすと治療する物質を出しますが、消毒液を傷口にかけると、その物質の働きを抑制してしまうのです。(オロナインが傷の治りを遅くするのもこの原理)

 

 

そのため、効果的な洗浄方法は、水道水で傷口を洗い流し、そのあとに治療薬を塗ると効果がよく発揮されます。

 

痛いまたずれを起こすまえに、日頃から予防を心がけていきましょう!

 

 

またずれが痛い時に1番おススメな薬用クリーム

 

またずれは、太っていなくても、筋肉質の人が長時間股の擦れる自転車や登山、マラソンなどのスポーツを行うことで、またずれが起こる可能性が高くなるので、あらかじめ予防しておくことが大切です。

 

またずれ薬用クリーム

 

 

また、夏場の生足にスカートという服装は、またずれを起こしやすいシチュエーションといえます。

 

太股がかぶれていたり、汗疹(あせも)があると、悪化させる可能性が高くなるので、軽い汗疹でも確認できた段階で充分に気をつける必要があります。

 

 

股ずれを予防するには、摩擦を少なくするベビーパウダーを塗ったり、ワセリンを塗るなど肌の滑りをよくすることが効果的というのは前述した通りです。

 

ただ、ベビーパウダーもワセリンも『またずれ専用』のケア用品ではないので、負荷のかかった内股を保護するには充分ではありません。

 

 

特に、またずれを頻繁に起こしてしまう人は、肌のダメージが蓄積して黒ずみを帯びて来てしまう恐れもあるので、またずれ専用の薬用クリームでしっかりケアしてあげるのがオススメです。

 

オロナインやステロイド剤も医薬品なので使い続けることは出来ません。ある程度症状が治まったら、こういった薬用クリームで対処していきましょう。

 

⇒ 雑誌『ラファーファ』でも大人気のまたずれ専用クリーム

 

 

クリームの上から防止パンツをはけば、さらに快適!

 

私が最終的に辿り着いたのが、この『薬用クリーム×ガードル』の最強またずれ予防でした。

 

またずれの痛みは薬用クリームやパウダーで軽減できますが、それでも痛む時は太股にフィットしたなめらかな素材のスパッツや、前述のペチコートなどをクリームやパウダーの上から履いておきましょう。

 

サラサラ効果で摩擦が減るうえに皮膚をガードできるので、クリーム&パンツで強固なガードが可能になります^^

 

 

またずれを我慢して悪化すると…

 

股ずれは、最初は内股が赤くなったり、痒くなるなど、症状は軽くて我慢できるため、そのまま放置してしまう人も少なくありません。

 

でも夏場などの汗をかく時期などに生足でいると、より摩擦が強くなり、今までは痛いと思わなかった股ずれが、たった1日で水膨れになったり、皮がむけるなどして症状が悪化してしまうことがあります。

 

 

冬でも厚着をして蒸れてしまう事があるので、要注意!

 

またずれ悪化

 

 

初期の症状を油断して放置すると太ももが黒ずんで来たり、悪化してすご~く痛い思いをしてしまいますから、日頃から予防したり、症状が軽いうちに早めに対処することが大事です。

 

症状が酷くなって皮膚科に行く時間がないような場合は薬用クリームがおすすめですが、家庭にある市販薬で応急処置をするならワセリンを塗った太ももにサランラップを巻いて保湿してあげるなどの対処方法も有効です。

 

 

「またずれが悪化するまえに、出来ることから対策を取りましょう!」